最近のこと

どうも、ご無沙汰してます。

はてダもグループも終わってしまって以来どうにもモチベーションがわかなくて、このブログも存在を忘れてしまったかのような状態だったのですが、ひさしぶりにいろいろ告知をするために重い腰を上げて出てきました。

近況について

まず、お仕事について。荻野ことogijunは今年の3月からプログラマ復帰しまして、株式会社iCAREにジョインしています。業務委託とか技術顧問とかじゃなくて社員としてガチ入社です。

icare.jpn.com

え、コーヒー屋はどうするの?と思った方もいるとは思いますがご安心(?)ください、やめてません。平日は8時間フルタイムでプログラマとして働いた後、戻ってきて夜に店を開けたり焙煎したりのコーヒー屋業をやります。ダブルワークです。土日は基本的にコーヒー屋に専念します。

これまでもコーヒー屋の傍ら細々とプログラマをやっていたんですが、そういう細々としたのじゃなくて基本的に平日昼は全速力でプロダクト開発の現場におります。これにはいろいろと理由があるんですが、以下だらだらとその理由を書いていきますね。

どんな会社?

働くひとの健康を守るための仕組みを作って提供している会社です。そのためにCarelyというSaaSを開発して様々なクライアント企業さんに利用してもらっています。

www.carely.jp

具体的には、会社の規模が一定規模以上になると義務付けられている、社員の健康診断やストレスチェック、過重労働への対応などが準備から事後の対応(一定基準を超えた人に面談するとか)まで一気通貫で行えるようなシステムを開発して提供しています。

何をやってるの?

現在はEM(エンジニアリング・マネージャ)という肩書きをいただきまして、Carelyの開発部隊のエンジニアたちとコミュニケーションを取りながらプロダクト開発の高速化や組織の拡大成長のための環境を整える、みたいな仕事です。コードも書きたければ書いていいよ、と言われています。

CarelyというプロダクトはRuby on Railsで書かれており、フロントはVue.jsになっています。が、まあそこが重要だったわけではなく、もちろん馴染みがある方が楽ではありますがVue.jsとか元はぜんぜん知らなかったし。ただ、たまたまRailsだったおかげでいざとなったら旧知の人たちに助けを求めることは出来るな、とは思っています。このへんは後への伏線ですね。

なぜそこに決めたの?

最初にも少し書いたように、今までも開店前とか閉店後のコーヒー屋の客席で細々と コードを書いてはいたのです。でもそこは副業らしく無理なく出来る範囲と言いますか、技術スタックも新しいものを習得することはせず、何も資料を見なくてもスラスラ書けるものだけを用いて、労力と成果のバランスが予測可能な領域に限っていました。炎上して本業(コーヒー屋のこと)に影響出たら困るからね。

ただ今回いろいろと複数の方から仕事を紹介してもらって見ているうちに、本来仕事ってそういうものじゃないよなあって、もっと個人の成長とかそういうものと結びついているものだよなって思い直す機会が度々ありました。余裕ある状態だけじゃなく、ちょっとストレッチした目標にチャレンジしていくという要素を含めないと、長時間を費すのはもったいない。実はコーヒー屋もそのチャレンジ要素を担当してくれていたのですが、それだけをやっていては食えない。どうせ違うことやるなら、とことんやるか。

現在の会社は少し前に大きめの資金調達をしていて、いままさに組織の急拡大の直前みたいなところに来ています。これまで弩スタートアップから大企業までいろいろ見てきたけど、こういうフェーズのところというのは私は経験がなかったのです。技術側だけを数えるとざっくり20人ちょっとの組織を50人とか100人とかにしていく(そういう野望を会社は持っているのです)っていうことは、未経験だけどちょっと体験してみたいという好奇心と、そこではいままで超えられなかった自分の壁を超えられるかも知れないという成長欲を刺激されてしまった、というのが正直なところです。

実際どうですか?

率直なところ、毎日へとへとになるけど予想以上に楽しくて充実しています。実家でお能の修行をしていたのにお金のために少しだけプロレスに復帰したら「俺やっぱプロレス好きだわ」って実感してしまった観山寿一の心境です(←やや旬を外した例え)。もちろんコーヒーも大事なんですけど、空いた時間についこっちのこと考えちゃう、みたいなのあります。もちろん本格的な開発にはブランクがあるので楽々できるわけではなく、いろいろと前世の記憶を掘り起こしながらどうにかこうにかこなしているというのが現状です。

誘っていただいたとき、勤務形態も最初は週1でも週3でも入ってもらっていずれ増やして行ければいいですからというようなことを言ってもらったのですが、ここは最初からアクセル全開でやってみたいのでいきなり週5フルで行くことにしました。コーヒー屋の営業あるので夜は早めに上がらせてもらってますが。

コーヒー屋は?

やってますよ。いや、やってるとは言い難い状況かも知れないが。通販のご注文はたくさんあるので(ありがとうございます)、焙煎のある日は深夜または早朝に豆焼きして、昼間はソフトウェア開発に勤しみ、夜は帰ってきてから店を開ける。土日は昼から。お店の定休日はあるけど焙煎と発送事務で潰れます。今年からまたスタッフもいなくなって私ひとりでやっているのですが、まあこれをどのレベルで続けられるかは本当に続けてみないとわかりません。もう若くないんだけど、体力勝負です。

「人生で、いまがいちばん若いとき*1

これはコーヒー屋をはじめたときにも考えたことなんだけど、この後いつかはやらなきゃいけないことを始めるとしたら、今すぐ始めるのがいちばんいいんだろうなと。いつかのインタビューでもそんなこと話しましたが。いまの会社では私はかなり年寄りな方で、まわりの若い人のスピード感に合わせるのは大変なんですが、待ってても自分が若くなるわけでもないしいまやるしかないんですよね。3月はそんな環境の変化だけでなく、私の世代にとってのある面での総決算みたいなものを見せられた月でもあったので(その話はまたいずれ)、強制的にいろいろ考えなおさせられている。 

 助けてください!

そんなわけで現在の私の昼の仕事、例にもれず弊社も絶賛採用強化中でして、全方位いろいろと募集していますのでご興味ある方はぜひとも気軽にお問い合わせください。

蛇足

いまいる株式会社iCARE、プログラマとかデザイナとかじだけじゃなくて営業から総務からありとあらゆる職種の人への支給マシンがMacBookです。なかなか思い切ったことをする。私がそこをポイントに決めたわけではないが、入ってみて驚いた。

追記

その勤務先であるところのiCAREの開発チームのブログで私のインタビュー記事が掲載されました

*1:岩男潤子さんの声で再生してください

『異能エンジニアの肖像』が無料で読めるってよ

日経xTECHというサイトがありまして、有料のいわばweb雑誌みたいなものです。
いつもだと記事の公開後一定期間は無料で読めて、しばらく経つとお金を払って購読している人だけが読めるようになるという仕組みになっています。

そのxTECHの中で、旧知の大森敏行さんが趣味全開で連載されていた『異能エンジニアの肖像』という一風変わったというか、おカタいイメージの日経さんで異彩をはなっていた連載があるのですが、なんと、この度、この連載がずっと無料で読めるようになったそうです!パチパチパチパチ。

xtech.nikkei.com

この連載に実は私も掲載されていまして、3回に渡って生い立ちからいろいろと話しています。しかしまあ私の話は置いといて、ひいきめなしに間違いなく面白い記事ばかりです。今日は全部で14人が登場する連載の中でオススメの回をピックアップしておこうと思います。

まず1人目は↑の告知記事でも取り上げられているYuguiさんの回です。

tech.nikkeibp.co.jp

大学で数学をやってたというのがたまたま私と分野までわりと狭い範囲まで同じ(代数的数論)で、そういった意味でも親近感をいつも抱いております。そして個人的な読みどころは初期のScaleOut社がどんなだったかを書いてあるところだったりします。この会社のことはいずれ歴史を振り返るときにもっと重要なこととして記録しておかなければならないのではないか、その貴重な記録がオープンになっていて凄い。

もう1人、かっくんこと角田直行さんの記事です。

xtech.nikkei.com

記事中に出てくる読書会のうちのいくつかに私もかつて参加していました。あの頃はいろいろと必死でいろいろ学ぼうとしてたなあ。最近あんまり会ってないですが、と書こうとしてしばらく前にチャリ乗って彼の会社の近くを通ったら偶然会ったことあったの思い出したわ。それはともかく、この記事中に出てくる例の個人運営のニュースサイトがいろいろな人の人生を捻じ曲げた方向付けたことはおぼえておきたい。

そんな感じで、週末の読み物にぜひどうぞ。

日経xTECHさんに取材していただきました

自分で言うのもどうかと思わないものの、せっかく記事にしていただきましたし告知致します。

日経BPの編集者にして日曜プログラマでもある旧知の大森さんからお声がけいただきまして、このような取材記事が出ました。公の場で話すのはひさしぶりで、しかも最近はあまりエンジニア活動やってないんですが、取材場所がうちの店で宣伝してもいいよということだったので断われずにいろいろとお話ししています。

tech.nikkeibp.co.jp

それにしても流石は業界に詳しすぎるベテラン編集者、こちらの要領を得ない話を見事に構成しなおしてすごく読みやすくなっていました。3回程の連載になるようです。

このサイトは有料メディアで、何日か経つと最初の1ページ目しか見えなくなってしまうんですが、これまでの連載の例だと1週間くらいは読めていたような。なんにしろ今は(登録は要るものの)タダで読めますのでぜひ登録してみてください。後半に行くと現在やってる(コーヒーじゃない方の)主な仕事のこととか、あとこの日記の読者が気になっているだろうあの話題(LDRのことです、すみません..)なども出てきます。お楽しみに。

 

追記:

第3回まで公開されたのですが、3回目が公開されたタイミングではもう第1回が無料では読めなくなっていました。気になる方はぜひ有料登録して読んでみてください。

2回目
tech.nikkeibp.co.jp

3回目

tech.nikkeibp.co.jp

LDR の件の続報(がないという話)と新たなお願い

わかっているんですが

ええと、盛大にアナウンスした後に何の音沙汰もなくてすみません。
わかっております。皆様が進捗をお聞きになりたいのはわかっているのです。
ですが、いまのところ見通しなどで追加でアナウンスできることはありません。もうしばらくお待ちください。
具体的には、まだ素材が渡ってきていないのでそれを見るまでは時期的なことなども口にできないのです。
お待たせしてもうしわけありません。

お願いなど

そうこうしている間に、LDR がついに livedwango.com ドメインでもサービスを終了し(たと思われる状態になっ)てから1週間あまりが経ちました。
この間、Macを触るたびについ習慣でURLをタイプしてしまい*1、うっ、となること幾度もあり、まあ覚悟はしていましたがその喪失感たるやもう何を持って比べればいいのかわからないほどです。
もう、禁断症状出てつらい。ですが、私は他のフィードリーダなどに頼らずあえてこの状態をそのままにして、今後の展開への糧とすることにしました。一刻も速くそれを実現しようという意志を毎日確認しているのです。
ただし、私はそのようにいわば「RSSリーダ断ち」を敢行していますが、皆様におかれましてはInoreaderでもFeedlyでもなんでもかまわないので、どこかでOPMLをインポートして来るべき日まで待っていてください。私はともかく、他の人から「RSSリーダで日々更新される情報を眺める」という習慣そのものが失われる方がよほど怖いのです。

そして、お待ちください。よろしくお願いします。

*1:荻野はどんなサイトでもブックマークせずにURLをタイプして履歴からアクセスする

一昨日書き忘れたことなど

すごい反響でした

一昨日、勢いで公開してしまったこの記事がすごい反響で、驚いています。
ogijun.hatenablog.com
やっぱりLDRが注目されているし、愛されてるんだな。すごいな。改めて、気合い入ります。

あと、こんな記事が出てたのがこれもびっくりした。
www.itmedia.co.jp
internet.watch.impress.co.jp
もちろん取材とか全くされていません(苦笑)。抜き書きだけでニュース作るとかすごいな。あと、やじうまwatchの方は:

これは荻野淳也氏がブログで表明したもので、サービス終了前から運営元のドワンゴに対して行っていた買収交渉は残念ながら成立しなかったものの、ソースコードの提供は受けられることになり、互換サービス開発のめどが立ったというもの。

とか書かれてるんだけど(強調筆者)、めどは立っていません!w
まだ現時点ではソースコード見てないですし。でもまあやるしかない。みんなにフィードデータのバックアップ取ってもらいたかったのでめどはなくとも宣言してしまった、ということです。

でもまあ、もっと重要なこと

私は保護猫・捨て猫にゃんこ5匹の里親やってるって書いたけど*1、あれを読んで私も猫の里親になりたい!って思った人、荻野がやってるコーヒー屋*2で定期的に猫の里親会やってます!次回は10/14(土)です*3。興味のある方、応援してくださる方はぜひご来場ください。ポスター等できたらまた掲載します。よろしくお願いします。

*1:ちなみにそのうち嫡子(?)3頭、居候2頭

*2:http://cafenekonoya.com

*3:ただしこの日はネコはいますが荻野本人は不在です

LDRが終了することについて

ひさしぶりにblog記事を書く。それも、とっても気がすすまない状態でこれを書いています。

LDR、サービス終了するってよ

LDRことLive Dwango Reader (ex. Livedoor Reader)がサービス終了します。
これを読んでいるような人はもちろん経緯はご存知のことと思われるが、もともと2014年10月1日に当時運営していたLINE株式会社からサービス終了が発表されていたところを、株式会社ドワンゴが譲渡引受を表明して2014年12月よりドワンゴ社によってい運営されていたのだった。

今年の7月24日に、そのドワンゴから8月末でサービス終了するという発表があった。
blog.livedoor.jp
これには大変困った。私はたぶんこのLDRの、おそらくトップ10に入るであろうヘビーユーザを自認している。いまでもMac触っててSafariを開いている時間のうち最も多くの時間をこのLDRと過ごしている。報を受けて、様々な人がそれぞれ思い思いにLDR追悼文を書く中、私もこんなことを呟いていたりした。


ただまあその後は特にblog記事を書くでもなく、まあ言ってみれば沈黙してたんだけど別に忙しかったとか言うべき言葉がなかったとかではない。なにをしていたのかというと、うちの会社で買収して運営継続できないかをドワンゴ社と交渉していました。ジャジャーン!まあ、予想ついてた人もいたと思うけど。

LDR買収交渉、するが...

いまogijunの会社ってどこやねんと思った人も多いかと思うけど、どこかでかいところに所属しているわけではなく、小さなソフトウェア開発/コンサルティング会社を営んでおり、そこで受託開発や自社サービス運営を細々とやっているのです。その会社でLDRを買収して運営を引き継ごう!と考えたのだ。
たまたまだけど弊社はドワンゴ社さんとは過去に取引があるのでまずはそのチャネルで問い合わせを試みた。しかしまあ、これが(7/25にメールをまとめて書いているようだが)一旦社内の状況を確認しますと言われたままその後はなしのつぶてになってしまい、具体的な話を進められないまま刻々を期限の8/31が近付いているという状態になってしまったんだよね。
なりふりかまっていられないので、友人知人を総動員してド社にアプローチを続けた結果、なんとか橋渡し役になってくれる人が見付かったのだった。この時点で8月後半になっており、これから交渉開始してサービス終了までに間に合うんか?みたいな空気になっていたのだが、案の定というかなんというか、実質的な交渉のテーブルについたのは実は9月に入ってからだったのです。たぶん8/31過ぎてもなぜかサービス使えてたのは交渉期間だったから特別にその人が動いてくれたんだよね。想像だけど。だから今月LDR使えてたのはその人とオレのおかげなのでみんな感謝するように!

ともかくまあそんな感じで譲渡引受の上でのサービス継続について、当社として可能な最大限の提案を行い、交渉しました。その内容や経過についてはここには書けないのであるが、結論としては譲渡に至らずサービスはそのまま終了せざるを得ないということになりました。力及ばず、無念です。
ですが、交渉の結果と間に入ってくれた方のご尽力により、そのままサービス継続することは出来ないものの互換サービスの開発は支援すると言ってくれた。具体的には、当社が互換サービスを新規で構築するならば、参考のために一部のソースコードを提供してもらえることになった。そのあたりは、プログラマが交渉しに来たことがポイントだったらしい。

LDR互換サービス、作ります!

というわけで、やります。互換サービス。既にオープンソース版のfastladderをベースに開発を表明している人もいますが*1、あれはまあ言ってみれば1人用に出来ており、私はどうしてもあのLDRの使い勝手を再現したいので、APIサーバもクローラも以前のLDRアーキテクチャを踏襲してがっつり開発します。クロールも帯域とストレージをどかんと買ってぶんまわします。
そんな本気でやって費用面とか大丈夫なのか、と思われるかも知れませんが、私はこれを営利事業として考えています。オプションによる有料課金も追々考えますし、ヘビーユーザである自分ならではのビジネスを編み出して行く所存です。エンジェル投資家やVC各社の皆さまには機会をいただけましたらご説明に伺います。おそらくLDRの可能性を私以上にポジティヴに考えている人はいないでしょうから、お聞きになられたらそれなりに面白いのではないかと思います。
現時点ではいつ公開できるかはまだ約束できませんが、自分を含めたLDR難民全員を収容できる本格的なサービスにします。なので皆さんはそれまでに OPMLldr.json*2 かどっちでもいいけど保管して待っててください。

あらためて、LDRについて

実はこれを書いている今日、旧ドメインからの reader.livedoor.com からサービスにアクセス出来なくなった*3
LDRは、開発から10年以上が経過してなお、基本的な機能がほとんど変化していないにも関わらず、未だに他では替えが効かない、大変ユニークで重要なツールである。RSSリーダーというカテゴリにはさまざまな製品があるが、LDRはその抜きん出た高速性や操作性において、未だに他の追随を許さない。情報を閲覧するという目的についてこれほど考え抜かれた製品は他にどこにも見当たらない。
近年はRSSリーダそのものがオワコンだとか時代における役割を終えたんだという説明をしてる方が見受けられるけど、私はそうは思わないんだよね。GoogleFacebook(とちょっとTwitter)に情報流通の大半を握られている状態は決して全面的に気持ちよくはない。情報を「自ら取得する」人々の強力な武器であるLDRの役割はむしろますます重要になってきていたと思う。以前より利用者が少なくなっていたとしても、私を含め現在まで残っている利用者は皆一様に、LDRという製品に非常に強い思い入れを持っている。
そのようなユニークでハイクオリティなプロダクトを、日本のライブドア社のmalaが開発した、という事実があることは、大げさでなく日本のweb開発者にとって精神的な支えになっていたように思う。

誤解のないように書いておくと、私は一旦は消えそうになった火であるLDRをLINE社から引き継いでこれまで大切にサービスを維持してくれていたドワンゴ社にはとても感謝しています。でも、だからこそ、ドワンゴが、受け継いだその火を守って次に伝えたものとしてでなく、火を絶やしたものとして多くの人に記憶されてしまうのは、とても残念です。

P.S. にゃんこをひきとったのではなかったか...

私がこんな中途半端な状態でも記事を書こうと思ったのはなぜか、そもそも、今回(実現しなかったけど)なんとしてもドワンゴから引き継いで運営しなくてはならないと決意してメールを書くに至ったきっかけはなにか、と聞かれたら、実はこの記事があったからです:
weekly.ascii.jp

これは2014年10月にドワンゴLDRを引き受けることになったときの取材記事であるが、その際にサービスを引き受けることを「にゃんこをひきとる」と表現しているのである><
知ってる人も多いと思うけどogijunは保護猫や捨て猫計5匹に囲まれて暮らしており、これまでもたくさんの(リアル)にゃんこをひきとってきたのである。それが、最初の親のもとで飼えなくなって里親のところに行ってたにゃんこ、それも自分もとてもよく知っているにゃんこが、里親さんのもとでもまた飼えなくなっちゃったという><><
こんなふうに言われると、名乗り出ないわけにいかないじゃないか、そのにゃんこ、引き受けるよ...。そんなふうに思ったからここまで突き動かされてしまったのです。なにもにゃんこにたとえなくてもいいじゃないか...。
結果として私は新しい里親にはなれませんでしたが、よく似たにゃんこのロボットをつくりますみたいなことになってる。にゃんこ、カワイソス><

*1:例えばこの記事など。これは私のプロジェクトではありません。
「Live Dwango Reader」引き継ぐ有料RSSリーダー、有志が計画 需要あればサービス開始へ - ITmedia NEWS

*2: ldr.jsonの取得方法については以下の @azu_re さんの記事を参照してください。
LDRのフィードをレート情報付きでエクスポートする | Web Scratch

*3: http://reader.livedwango.com はまだアクセスできるようである